赤ちゃんが小児科で入院!ママが付き添い入院するときに必要なもの

私の子供が手足口病を発症してから数日治ったのは良いのですが、弱ったところに細菌が侵入し急性の胃腸炎を発症しました。

強烈な下痢から中度の脱水症状を引き起こし緊急入院する羽目に。

初めての入院でもう我が家はてんやわんや!!

あの時、持っていけばよかった~な思いを記録します。

乳幼児は付き添い入院が必須?

緊急入院したときは、付き添い入院というものが全く頭にありませんでした。

大人と同じく面会時間内でしか様子が見れないとばかり思っていましたが、手渡されたガイドブックには「24時間の付き添い入院をお願いします」との文字。

子供のそばにいてあげられるのは嬉しいことでしたが、非常~~~に苦痛を伴う入院生活でした。

だって一か月くらい病院に住んでましたからね……

常にカバンに入れておくもの

  • 赤ちゃんの保険証
  • 医療証(各市町村からの出ているもの)
  • 母子手帳
  • ハンコ
  • ボールペン
  • 診察券

これらは保険適用で診療を受けるためには必要なものです。

ハンコやボールペンは入院に際しての誓約書や、治療においての同意書を出す必要があるので必須です。

赤ちゃんに必要なもの

  • おむつ
  • おしりふき
  • 着替え
  • バスタオル
  • フェイスタオルまたはガーゼハンカチ
  • 箱入りポリ袋(おむつなど感染性のごみを捨てるため)
  • おもちゃ
  • 粉ミルク(必要な人のみ)

赤ちゃんに必要な消耗品全般は自己負担と思ってください。

おむつや粉ミルクは病院でも用意されていますが、使用した分だけ請求がきます。

粉ミルクに関してはアレルギーなども問題もありますから、主治医や看護師の方とよく相談してください。

下痢などの症状がある場合、着替えは多く持っていくことをお勧めします。

感染性の病気で入院した場合、病院内のランドリーで洗濯することができません。

また、赤ちゃんが入院中に泣いたり暴れたりすることはしょっちゅうあるので、お気に入りのおもちゃがあると便利かと思います。

自分が必要なもの

  • 着替え
  • タオル類
  • 歯磨きセット
  • 小型のシャンプー・リンス・石鹸
  • 毛布
  • スリッパ
  • ブラシなどの整容グッズ
  • 本などの暇つぶしグッズ
  • 多めのお金(!)

赤ちゃんの下痢が自分の服に付いてしまっても洗濯することができないので、着替えはちゃんと持って行っておくべきです。

私はそれを怠ってしまい、授乳中に下痢を食らったあとは、服が届くまでしばらくパンツ一丁で過ごしていました。

(いや、ブラジャーは付いていたからブラパン二丁だ)

お風呂は病院近くの銭湯を利用することが多かったので、タオルや石鹸も用意しておくと経済的です。

あとは赤ちゃんの治療や検査などで待ち時間が多く発生するので、本などを持っていると手持ち無沙汰にならずに済みます。

夫や姑も強い戦力!!

24時間の付き添い入院で何が苦痛かって、四六時中病院に缶詰にされることです。

家に帰ることもままならず、いろんな子供が夜通し泣き叫ぶ4人部屋の中、寝辛い簡易ベッドで疲れっぱなし。(個室はもうちょっと楽です)

食事は毎日コンビニご飯でした。まだタリーズコーヒーが併設してあったので、飽きず済みましたが……

ママがずっとそばにいるのが基本の病院だったので、お風呂に入れたのは夫や姑が交代してくれたときか、病院常駐の保育士さんが空いていたときでした。

また、夫や姑が必要な物資や洗濯物の回収をやってくれたので、大変助かりました。

貴重な戦力ですので、普段からの関係性は大事にしてください(笑)

これ全部ひとりでやれって言われたら、私が入院するわ!

余談ですが、子供が入院する数日前、同じ病気(手足口病)で救急車で運ばれ、同じ病院で点滴打ってました……

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする