お仕事帰りにも。尼崎みずきの湯

阪神尼崎駅から2駅離れた尼崎センタープール前駅すぐのスーパー銭湯、みずきの湯。仕事帰り・休みの日とかなりお世話になった銭湯です。

これから使いたいと思っている人にどんなところかご紹介します。

使いやすい大浴場

大浴場は広く10人程入っても余裕があるくらいの広さなので、少々混雑してもゆったりと入れます。洗い場も数多く設置されているので席を気にせずに湯に浸かることが出来ます。

脱衣所と岩盤浴場が繋がっているので、まず大浴場で体を清潔にして湯で軽く温めてから、岩盤浴衣に着替えてのんびり岩盤浴に行くのもスムーズです。

通常のスタジアムサウナや塩サウナがあるので、岩盤浴なしでも十分汗を流してすっきりすることができます。

露天風呂は尼崎の景色を見るような造りになってはいませんが、空を見上げて月が見える解放感は、露天風呂ならではのものです。

個人的なお気に入りポイントは寝ころび湯です。かなり浅い湯船に完全に寝転がって浸かる風呂で、足先から肩まで負担なく温まれるのでついついウトウトするくらい気持ちいいところです。

岩盤浴は種類が多い

岩盤浴は8つの種類があり、ただゴロゴロするだけのくつろげるスペースも用意されています。

日によっては無料で岩盤ヨガが開催されており(要予約)、ホットヨガを楽しめます。

ヨガのあとはしっかり水分補給をしてからクールダウン。健康と美肌、リラックスの効果はばっちりです。

個人的オススメポイントは岩塩房です。岩塩の効能というより、神社の砂利のように敷き詰められた性質を利用した使い方にあります。

まず寝転がる前に体のラインに沿って岩塩を動かします。骨の出っ張りで痛いところは岩塩を減らし、腰のカーブが強く隙間が大きいところは岩塩を増やし、その上からバスタオルを敷いて寝ころびます。

これは体を支えるポイントを増やして自重を分散させる方法で、真っ平な岩盤に寝転がると背中や腰が痛い人に使えるワザです。

食事ができるところは二か所

食事スペースはビュッフェスタイルのところと、うどん、御膳など個別の料理が出るところの二か所です。

スーパー銭湯でビュッフェが食べられるのは珍しい部類で、ゆっくり食事がしたい人にはおすすめです。ビュッフェの方は閉店時間が短く、受付終了が21時となっているので時間帯には注意してください。

館内の飲食店なのでお値段は高めとなっています。

私は飲食まで常連になるには懐事情が厳しいので、阪神尼崎の立ち食いそばに寄ってから銭湯を使用していました(笑)

駅近でコスパもよい

特急や準急が止まる阪神尼崎駅から普通電車で2駅進んですぐに建っているので、仕事帰りには大変お世話になりました。

料金もお風呂のみ750円、岩盤浴をつけると800円。会員になると50円引きになるので何度も使う場合は会員になった方がお得です。タオルセットのレンタルも210円で出来るので手ぶらでも利用することができます。

これだけ充実した設備のスーパー銭湯でも価格は安い方で、コストパフォーマンスは良いと感じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする