丘みどりとは誰?第68回NHK紅白歌合戦に初出場!どんな歌なのか・・・

今年の後半に入り、紅白歌合戦の出場者が発表される季節となりました。

今年の出場者にも初出場者が見られ、新しい歌手を発見するきっかけにもできますね。

赤組の初出場に輝いたのは「丘みどりさん」

丘みどりさんの楽曲と、プロフィールを紹介します。

丘みどりさんとは

初めて知った方に、プロフィールを紹介します。

丘みどり(おか みどり)

本名:岡 美里(おか みさと)

生年月日:1984年7月26日

血液型:A型

年齢:33歳

出身:兵庫県姫路市

所属:アービング

姫路観光大使

好きな食べ物:お寿司

好きな場所:ベッドの中

好きな動物:子犬

好きな色:白

特技:民謡

本名の岡美里をもじった芸名なのですね!

関西出身ということでなんだか親近感が湧きます。

好きなものに挙げられている例は、なんだか白くてふわふわしています。硬派な着物姿から予測できない、ゆるふわな癒し系女子の予感です!

芸能事務所のアービングは規模こそそんなに大きくありませんが、AKB48の松井珠理奈さん、橋本マナミさん、リュ・シウォンさんなど有名タレントやアーティストが所属しています。

アスリート枠としてラモス瑠偉さんも所属しています。

楽曲の紹介

なんと彼女は演歌歌手です!

元々はアイドルとして18歳でデビューしていますが、演歌歌手になることが夢であった彼女は専門学校で音楽の基礎を学びました。

その後、カラオケ番組に出演した際に、演歌番組「演歌百撰」のチーフプロデューサーの目に留まりスカウトされました。

以下は、彼女の発売した楽曲一覧です。

楽曲一覧

2005年

「おけさ渡り鳥」

「しあわせ結び」「花ちゃん丸」

2007年

「日御碕灯台」

「冬水仙」

2008年

「風鈴恋唄」

「色は匂えど」

2010年

「北国、海岸線」

「いのちの華」

2012年

「木曽恋がらす」

「越冬つばめ」

2014年

「椅子」

「祈り河ララバイ」

「何度も、何度も〜有難うお母さん〜」

2016年

「霧の川」

「別離(さよなら)の切符」

2017年

「佐渡の夕笛/雨の木屋町」

紅白初出場に涙

人見知りだったという丘さん。心配したお母さんが、人見知りを克服させるため何か人前に出ることをさせようと考えた結果、民謡教室に通うことになりました。

彼女の母のアイデアが後に未来の演歌歌手誕生のきっかけだったのです!

お母さんは丘さんがデビューした翌年2006年に、47歳の若さで亡くなられました。

今回の紅白初出場に関して

「天国の母との約束がようやく果たせるなという感じです」

出展:エンタメOVO

とコメント。

母の存在の大きさが分かります。

「私にとってこの13年は決して順調な歌手生活でなかっただけに、紅白という舞台は私にとってはとても遠くて、大き過ぎる夢でした。

その夢を一緒にかなえようと全国の皆さんが応援してくださって、今日という日を迎えられた」

出展:エンタメOVO

決して順調ではなかった歌手生活。毎日の努力が実を結び、彼女が輝く姿を紅白で見られますね。

紅白で歌う曲を予想

丘みどりさんが紅白で何を歌うのか予想してみました。

まず、第一候補に挙がるのは、「佐渡の夕笛/雨の木屋町」

出荷8万枚のヒットだけに有力な候補です。

もう一つは「何度も、何度も〜有難うお母さん〜」

やはり紅白初出場は歌手生活で大きな節目になるかと思います。

きっかけとなった母への思いを歌にして送る可能性もありそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする